ゲームな"らいらぎ"ドットを添えて

ゲーム制作備忘録、撤退しない予防線

早速枯渇劇場

さて、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

 

以前RPGツクールで一瞬で終わるゲームを完成させてから一週間。

気がついた事はゲームをつくらない事には特に書く事がないと言う事ですね。

 

うん、ないんです。

私、ないんですよ書く事。

普通に笑えて面白いブログを書き続ける人はすごいですよね。

心底尊敬せざるを得ません。

 

さてさて、困った事に二作目のゲーム制作に早速着手しようと思ったんですが、

パソコンを前にツクールを起動した私はカッチンと固まってしまいました。

 

おう、何つくるか考えてなかった!

 

そもそも何故この前rpgツクールを導入した瞬間につくるものが頭に浮かび、

そのまま試行錯誤しながら簡単ものとは言えつくる事が出来たのか……

私にはまったく分からないのです。

 

完全に新しいものを買ったテンションとノリとイキオイのなせる技でしたね。

大事ですよ勢い。

停滞すれば濁る水のごとく私の思考は早速どろっとして来ちゃいました。

 

そう、1時間、2時間経っても何をつくろうか全く思いつく事が出来なかったんです。

「ふっ、これが産みの苦しみか……」

なんて格好付けた所でゲームはひとかけらも生まれはしません。

 

それを意識してしまった瞬間、もうダメです。

焦りだけが頭をこんこんと叩くだけで、アイデアなんて何も出てきはしません。

他の人がどうかは分かりませんが、

私は最初の一歩、何か一つのきっかけがあれば芋づる式にアイデアがボロボロ出て来るタイプです。

それが面白いかどうかは別ですよ?

元となるアイデア、キーワード、セリフ、シーン、キャラ

何か一つでも「おっ!」と思うものがあればいけるような気がしないでもないんですが

 

うーん、なんかしっくり来ない。

 

で、こういう時ってパソコンの前に座ってても何にも生まれないんですよね。

そんなときはどうするか

ゲームをする、絵を描く、アニメや漫画を見る、ひたすらツイッターを眺める。

とにかく様々な情報をインプットするしかないんですよね。

文字、絵、音楽、何でもいいんですけやはり吸収しないと生み出せない。

 

とまぁ、やらないいいわけに聞こえないでもないですが

とりあえずは他の事をしようと決めたわけです。

 

ま、漫画でも読むかと私が選んだのはこの作品。

ハイどん!

 

 知らない人はいないだろう作品。

風の谷のナウシカ(漫画)です。

映画を見た人に比べれば漫画を読んだ人は少ないのではないでしょうか。

 

まぁ映画では全七巻のうちの大体二巻ぐらいまでの内容と言われますが

その通りでしたね。

けっこう違う所も多かったですけど。

 

一言で言えば、まぁ当然面白いですよね。

映画では完全に悪役のようだったクシャナ殿下にもフォーカスが向きますし。

参謀クワトロもなんだ、いいキャラしてるじゃん。

 

個人的にコルベットやバカガラスのデザインは痺れるものがありますし、

至福の時間、一瞬で読み終わってしまいました。

 

ふむ、やはりロストテクノロジーのある世界と言うのはロマンがありますよね。

うん、次はそんな感じで行けばいいのではないだろうか?

 

おお、そんな方向性で考えてみよう。

私はそう思いました。

 

と、小学生の感想文のような言葉しか出てきませんでしたが……

こういう風にブログに文章を書くと言うのも私にとってアイデア生みの一環であるのです。

 

文章を書いているうちに私は色々な事を考えます。

関係ない事、関係ある事、くだらない事などなどなどなど

 

止まりがちになってしまう思考を動かし続けると事は重要です。

書く事で頭が整理され、思考内容がころころと転がって行きます。

 

すると思いがけないタイミングでいいアイデアの目が出るかもしれません。

この思考が何面体かは分からないですけどね。

 

さて、もう少し思考を転がせば何か思いつきそうなそんな気があったりなかったり。

ただ創りたい気持ちは爆発しそうな程あるので

はやく没頭したいですね。

 

……最後に関係ない事なんですが

ファミリーマートで買い物すると何かくじ引かせて貰いました。

よくわからないままリアルゴールドの缶を貰って

 

うん、小さい事だけど。

私は今日すっごく気分がいいです。

 

夜だし誰も歩いてないしスキップしながら帰ってから

当然開けたらアワアワでした。

 

プラスマイナス零ぐらいになるように世界は調整されているのかもしれません。